カプセルは何ゴミ?捨て方について

ドルチェグストの本体代無料、カプセル送料無料、カプセル代10%OFF

 

 

コーヒーの好きな人なら、一度は飲んだことがあるかもしれません。

 

ドルチェグストですが、使い方はとても簡単なのですが、飲み終わった後のカプセル容器の捨て方に迷う人は少なくないです。

 

カプセルを分解すると

粉やフィルムを取り出したあと

カッターで一番上のフタを切ると透明フィルムがあり、

フィルムの下にコーヒーの粉がある

粉を捨てて洗い流すとこのような感じ

 

ドルチェグスは、そのカプセルの中に、コーヒーの粉が入っており、上からドリップされるのです。

 

ドリップがすべて終わった後には、空になったカプセルを取り出すことになります。

 

カプセル自体は、プラスチック製ですが、中のコーヒーのかすは、燃えるごみになります。

 

これをどうやって分けるべきなのかというところが悩むところなのです。本来は別々にするものなのかもしれません。

 

しかし汚れたプラ容器は、燃えるごみと同じでも良いという自治体はほとんどでしょう。

 

そのために分離せずに燃えるごみとして、廃棄する人も少なくありません。

 

その時に気を付けるべきことは、中にお湯が残っていないようにすることです。

 

使用済みカプセル入れを使う

カプセルに残ったお湯は抽出した上部の穴からお湯をだすことができます。

 

カプセルを逆さにしておいて放置するとポタポタたれてきます。
(うまく垂れてこないときは上部をカッターなどで切るといいです)

 

その際に使用済みカプセル入れをうまくつかってください。

 

使用済みカプセル入れに入れておくだけでお湯が勝手に抜けるので、ひっくり返して置いておくだけで抽出後の熱いままでもやけどすることなくお湯の処理ができます。

 

ちなみに私は抽出後に本体脇に置いたカプセル入れにボンボン入れてます。

 

カプセル入れにたまったお湯の処理も時々してください。

 

毎回これを行うのはめんどくさいかもしれません。

 

習慣として、一日にたまったものを処分する様にしたら、継続して出来るでしょう。

 

>>トップページへ

 

 

ドルチェグストを無料で使いたい方

ドルチェグストのカプセルの捨て方を解説